掲示板


サラマンカのホテルは → コチラ

海外発送可能な浴衣特集はコチラ → レディース(女性用)メンズ(男性用)キッズ&ジュニア(子供用)

♪海外在住者必見のオンラインショップのリンク集です♪
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
☆海外発送可!日本のオンラインショップ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作ってみた

2011年08月12日 13:46

週末、フリアンと映画を見ていたときのこと。

キャメロン・ディアス主演の「Bad Teacher」ってのを見てたんですが、
その中でキャメロンが、あるものをかぶりつきながら食べてたんです。

そこでふとフリアンが、「何食べてんのコレ、美味いの?」
と聞いてきました。

そのシーンでキャメロンが食べていたものとは・・・・
     
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
corndogs.jpg
みんなが大好きアメリカンドッグ
(本場アメリカではCorn Dogと言うらしい。)

私もう何年もコレを食べてなかったけど、実はだ~い好き!!

これって私にとっては、普段家で食べるおやつと言うよりは、
プールや遊園地、高速のサービスエリアなどで食べる
いわゆるレジャーの最中に食べるもの、という位置づけ。

だからある意味、「アメリカンドッグ=楽しい思い出」なんですよね~。

でもここで「なんでフランクフルトじゃダメなの?似たようなもんじゃん。」
とお尋ねのアナタ。

チッチッチッ、さてはアメリカンドッグの醍醐味を知らないね?

確かに油で揚げてあるからフランクフルトよりも高カロリーではあるけれども、
アメリカンドッグが私を虜にする理由、それは「カリカリ」!

棒に刺さったアメリカンドッグを食べ進んでいくと最後に行き着くあの場所。
あそこがまさに私が一番好きな部分なんです。
corndogs2.jpg

じゃあソーセージいらないじゃん、とかそういうツッコミもあるかとおもいますが、
ソーセージも含めて1本食べ終えた後に、特典としてあのカリカリ部分をビーバーのごとく前歯で
かじって食べるのがなんともたまらないんですよね~。

日本で社会人やってた頃は、会社の同僚と2週間に1度くらいのペースで新潟までスノボをしに通ってたんですが、
練馬~新潟間にあるサービスエリアのアメリカンドックはこれでもか、って言うほど食べました。
同じ高速でもSAによって入ってる業者が異なるので値段も違えば大きさも違うんですよね。
奥が深いです。(そうでもない?!)


今回のフリアンの一言で、アメリカンドッグ好きだった昔の自分を思い出し、
むしょうに食べたくなったので作ってみました。

レシピを探したらみなさんホットケーキミックスを使ってるようだったので、
普通に小麦粉から作るこのレシピを利用しました。

簡単そうだけど、油の温度調節とソーセージの周りにつけるタネの濃度のバランスが絶妙で、
最初はなかなか丸~く揚がってくれなかったんだけど、
なんとかこんなカンジで仕上がりました。

CIMG7787.jpg

爪楊枝を使ったのでソーセージも切ってミニサイズにしました。
まぁ、ちょっと歪な形に揚がってしまいましたが、まぁまぁかな。

ケチャップとマスタードをつけていただきま~す♪
DSC_0218.jpg

これはこれでおいしかった(特に揚げたて)けど、
私が待ちに望んでたあのカリカリ部分はほぼできませんでした。(あぁ残念。)
爪楊枝だったからかな?
まぁ、フリアンが喜んでたので合格点。

でも、今度リベンジしてやる!
スポンサーサイト

ラス・メドゥラス

2011年07月28日 13:18

今週の月曜日が祝日だったので(スペイン全土じゃなくていくつかの州のみ)、
この週末は3連休でした。
とは言え、連休に気がついたのが金曜日なので(汗)、
特にこれと言って何も用意していなかったのですが、
日曜日と月曜日の2日間を使って、近場に旅行に行ってきました。

今回行った先は、同じカスティージャ・レオン州のレオン県にある
ラス・メドゥラス(Las Medulas)という場所。

知らなかったのですが、ユネスコの世界遺産にも登録されています。
そして、世界遺産だけあって私ヒラソル、ド肝を抜かれてしまいました。

まずはこの景色をご覧ください。

DSC_0234.jpg
DSC_0221.jpg

もう絶景!
なんか仙人でも住んでそうな場所に見える。

ただ興味深いのは、この景観は自然の産物によるものじゃないってこと。
もともとは、山々が連なる普通の山地だったんです。1世紀頃までは・・・。

まぁ、だいたい想像がつくとは思いますが、
実はここらの粘土質の土からは、金が多く取れたんです。

そりゃあ、金が取れると知ったらたくさん人が押し寄せてみんな掘るわな。

ただ驚くべき事実は、当時のローマ帝国時代の人々(1~3世紀)は、
ただ掘るんじゃなくって、頭脳と知識を使ってものすごく効率的に
砂金を集めたということ。

まずはここらよりももっと標高の高い近隣の山の水源(Aとします)と
このラス・メドゥラスの間に100kmにも及ぶ水道を建設します
一方で、ラス・メドゥラスの中のとあるひとつの山の中を掘り地下水路を、
その山の頂には貯水池を作っておきます。(Bとします)
Aの水源からBの貯水池へ傾斜を利用して水を送り込み、
Bの貯水池が水でいっぱいになったら、地下水路を開放して一気に貯水池の水を流し込みます。
そうすると、急激な水の力によって山の斜面崩壊を引き起こすのです。

崩壊した山の土を川の水を使って砂金を集めるわけですが、
次から次へと山を崩すわけで、いつのまにかにこの辺の土地は
こういう景観になってしまったそうです。

ちなみにWikipediaによると、250年間の採掘でとれた金の量は165万kgとのこと。
単純に計算してみたら、1日あたり18キロも金が取れてたことになる!
こりゃ、山も崩したくなりますわな。

ふもとの村の中にある展示室でこの説明を読んだとき、
マジで「すごい~」って思いましたよ。
昔、イタリアのポンペイに行ったときも思いましたが、
古代人って頭良すぎです!


当初は日帰り観光のつもりだったんですが、
あまりに興味深かったのと、自然がたくさんで気持ちが良かったので、
結局一泊してきました。(念のためお泊りの用意してきて良かった~♪)

初日は麓の村から出発して、ラス・メドゥラスの中を散策するショートコースを堪能。
DSC_0202.jpg
あたり一面栗の木でいっぱいで、2~3ヶ月後が楽しみなカンジ。
(ただし、「栗拾い禁止」の看板がありました・・・、トホホ。)

DSC_0217.jpg
地下水路の跡。

2日目は麓の村の宿泊先ホテルを出発して、ひたすら山登り。

上った先が、今日の記事1枚目の写真を撮った展望台です。
ラス・メドゥラスを高い場所から一望できる場所であって、
着いたときには全身汗だくでした。

あっ、もちろん別の村から車で行くことも出来ます。

この展望台の脇には、古代ローマ人が作った地下水路を探検できる場所があって、
下の写真中央の穴の部分まで洞窟の中を歩いていくことが出来ます。
DSC_0245.jpg

入り口で入場料の2ユーロを払うとヘルメットとミニ懐中電灯を渡されるんですが、
中に入ってビックリ。内部は照明設備は全くなく、自分が持ってる懐中電灯のみが頼みの綱なんです。

普段、本当の意味での暗闇ってなかなか経験することはないですが、
この時はマジで怖かったぁ。
だって、前も後ろ横も黒・黒・黒。
懐中電灯もミニサイズな為、3メートル先までは明かりが届かないし・・・。
私たちが行ったときは他に観光客もおらず、暗闇プラス無音。
外と違って空気は異常に冷たいし、あまりの恐怖にちびるかと思いました。(もちろん未遂です。)
DSC_0274.jpg

そんな恐怖を味わいながら進むこと数分。(しかも途中ヘルメット頭をゴツゴツ天井にぶつけつつ)
展望台から見えた穴の出口までたどり着きました。
DSC_0254.jpg
うぅ~ん、これまた絶景。

このあとも、別ルートを通って麓の村までハイキングしながら戻りました。
さすがに緑が多いだけあって、バッタや蝶々などの虫もたくさん見かけました。
そうそう、今までスペインで聞いたことなかったけど、
セミと思われる虫の鳴き声も聞きました。
DSC_0290.jpg

虫は全般的に苦手なので姿は見たくないのですが、
たま~に鳴き声聞くぶんには風情があっていいもんですね。(←自分勝手?!)


このラス・メドゥラス、車がないと行きにくい場所ではありますが、
一見の価値はあります。在西の方にはおススメ!

ちなみに、TBSのTHE 世界遺産でつい最近(7月10日)に
このラス・メドゥラスが取り上げられたようです。

放映前に紹介できればよかったんですが、残念。。。

そんなわけで、久々に自然に密着した週末でした♪

夏だね。

2011年07月01日 09:02

またもや長期間ブログを放置しっぱなしでしたが、
元気でやっているヒラソルです。

2011年も半分が過ぎて、これから夏本番なので、
ここ最近の出来事を書きつつチョコット更新をば。
(食べ物メインですが・・・)


先週から今週にかけて、スペインでも夏日が続き、
我が家でもとうとう今年最初のそうめんを食べました。

somen
(ネギを忘れて薬味ナシ。青シソは今年も失敗

これねぇ、一回食べちゃうと夏の間はこればっかりになっちゃうのよね~。
ウチのそうめんは麺より具が多いです。
(本来ならそうめんとは薬味だけで食べるものなんでしょうが・・・。)

でもって、そうめんたくさん茹ですぎちゃったので、
翌日は余ったそうめんで、そうめんチャンプル~。

002.png

要は、やきうどんのそうめん版?!
冷蔵庫の半端野菜も一掃できて一石二鳥♪
でも、これはこれでウマかった~。
っていうか、最初っからコレ目的でそうめん茹でてもいいかも~。

ajos

これは、見たとおりニンニクです。
写真じゃサイズがわかりにくいですけど、
一房の大きさがスーパーで通常売られているニンニクの2倍はあります。(女子の握りこぶしくらい?)
つまり、デッカイです。
重さは量ってないけど、これで4ユーロでした。
安いッす。

サラマンカでは、毎年6月になるとニンニク農家の方々が
ニンニクを売りに出店を出します。(Mercado San Juanのあたり)

CIMG3957.jpg
(これは2007年6月の写真)

普段そんなにニンニクは使わないんですけど、
以前からつけていたニンニクのしょうゆ漬けが底を突きそうなので
買いました。

あれ、ポリポリしてておいしいですよね~。
2粒くらいでお茶碗1杯のご飯が食べられます。

ニンニクが漬かっていたしょうゆは、炒め物とかの時に
さっと一さじ入れるだけで、味も風味も変わるから
一石二鳥です♪(本日2回目)


001.png

先週名古屋のRちゃんから、送られてきたベビースター!
久々に日本のスナック食べました。ウマ~イ♪
手前の2袋は、届いたその日にあっという間に空っぽに。
フリアンと奪い合うようにして食べました。
ありがとう~、Rちゃん!

それにしても、ベビースターってこんなにうまかったっけ?
明太スパと焼きそば味は未知の世界なので、楽しみ~♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。